竹内電機のテクノロジーはさらなるステージへ

製品紹介


※クリックで大きな写真が開きます
納入実績
京都大学 他
高温温度制御方式
2000℃までの高温を高周波誘導加熱方式により短時間で無理なく加熱できます。
断熱、安全対策設計
断熱材の使用によりガス配管等への熱影響を最小限に押さえ研究者の安全対策も考慮した設計になっています。また、インターロックの充実により危険を回避できるよう設計されています。
高品質部品の使用
バルブ・継手・マスフローコントローラー等の部品は、過去の実績により信頼できる高品質部品のみを使用しています。
コンパクト設計
配置を縦方向にとることにより、設置スペースを大幅に少なくし、研究室レベルの配置を可能にしました。
定格
到達真空度
1.33×10-4 Pa台
到達温度
2000℃
本体寸法
1350×800×1750(H)
制御装置
  • 寸法 : 550×660×1500(H)
  • ・ タッチパネルによる入力方式
  • ・ プログラムコントローラーにより真空圧、温度が自動制御可能